ひだまり日記

<   2007年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ひだまり日記は100号を迎えました・・・

秋も深まった今日この頃です。皆様、いかがお過ごしですか?

「特定非営利活動(NPO)法人ひだまり」の活動内容は多岐に渡っています。デイサービス、認知症デイサービス、緊急時・単発ホームヘルプ、聴覚障害者支援、福祉有償移動サービス、介護・福祉の相談、デイサービスご利用者の宿泊などです。

これらが揃っていればとりあえず「大好きなこの場所で暮らし続けたい」と思っていらっしゃる方を支えていくことが出来ると思っています。もちろん、私達だけで出来ることではありませんから関係機関との連携をとることも大切です。

連携をとるには「ひだまり」を知って頂く必要がありますので様々な所に出て行って顔見知りを増やし、「ひだまり」の思いを知っていただくためのアイテムとして「ひだまり日記」は強い味方でした。

平成11年ごろから、ボランティア助成金の配分が減額・制限され始め、ボランティア活動は寄付や助成金に頼れないと思いました。一時間300円ぐらいで行なっていたデイサービスを、「利用者さんの経済的負担が減り、ひだまりも安定した収入を確保できる」介護保険のデイサービス事業所に移行し、収益は他のボランティア活動に使おうと考えました。

私達なりに試行錯誤をしながら頑張っても、行政の規制・施策はチッポケなNPOを襲います。介護保険の小改定・2年に一回の大改定に翻弄され続け二ヶ所のデイサービスは赤字続き、坂の多いこの街で不可欠な送迎ボランティアは80条の規制で継続がむずかしくなってきました。

今の福祉行政は「民の力に頼り」ながらも、熱い思いでボランティアを続けている者たちを潰してしまいます。そのような中、平成11年4月スタート初日から居てくれるYさん、今年、さわインのスタッフ募集で来てくれることになったTさん・Iさんを含めたスタッフ達、法人立ち上げから携わってくれている理事たち、各ジャンルのボランティア、総勢30名の支えがなければ私がどんなに熱い思いをもっていても「ひだまり」は活動できません。厳しい状況の中でも「ひだまり流のケア」を崩すことなく頑張ってくれている30名の方たちに本当に感謝しています。

多くの方から私は色々な褒め言葉をいただく幸せものですが、それはかいかぶりです。皆様は大好きなご趣味をお持ちですか?そのために使うお金をもったいないと思われますか?同じことなのです。たまたまその「趣味」が「福祉」と呼ばれ、人から見ると「たいへんな仕事」に見えるから褒め言葉を下さるのでしょう。

でも、私の趣味は「おせっかい」で、『「目」が思いを伝えようとする人や動物』が大好きなだけなのです。その「目」に応えたいから関わるのです。声に出して思いを伝えられない・伝えられなくなった人々・動物達の代弁者でありたいと思うのです。そのために様々な活動をするボランティアグループを作り、デイサービスを作り、認知症デイサービスを作ってきただけです。

平成11年に古いアパートでスタートした「ひだまり」、怪しい宗教じゃないの?と思われた時代を考えると、夢のような今です。通学途中の子供達が私達の車を見て「あ!ひだまりだ!」と言ってくれるのが本当に嬉しく、救急車に同乗するのを見て「ひだまりが付いているから大丈夫」と言ってくださる言葉に勇気百倍。「ひだまり日記読んでいますよ」との言葉に「お恥ずかしいです」と言いながらも、つたない文章の一部でも皆様の心の片隅に残していただけたらと誇りに思うのです。

ひだまり日記は100号を迎えました。今回で皆様方とお別れです。長い間のご支援ありがとうございました。皆様から頂戴するお励ましの言葉が100号まで続けさせていただいた原動力でした。そして、いつもバックアップしてくださる三ツ境ASAの皆様・さわイン担当の皆様、ひだまりを温かく見守ってくださるご近所の皆様・私の家族に改めて感謝いたします。

いつか、またお目にかかれる日を楽しみに致しております。ひだまり日記は終わりますが、ご相談などはいつでもご遠慮なくご連絡下さい。どうもありがとうございました。   
[PR]
by hidamari-blog | 2007-11-19 21:04 | ボランティア



ほっとひといき、ついてください
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31