ひだまり日記

元旦号:ねこ5匹・犬1匹

 皆様、明けましておめでとうございます。本年もひだまり日記をよろしくお願い申し上げます。
平成16年最初のひだまり日記は、私の親バカぶりをご披露しましょう。自慢の種は犬の「めりぃ」、猫の「でっきー・まるめ・みちお・ミーミー・トントン」です。

f0080623_14333181.jpg

 めりぃは平成13年12月に縁あって我が家にやって来た当時5歳のラブラドールレトリバー(盲導犬に使われる犬種)。悲しい境遇だったため少し吠えてしまうのですが、実はとても賢く、人が大好きな子です。散歩の時におもちゃをくわえて自慢気に歩く姿がとてもかわいいです。寝る時は私と一緒。布団の取り合いになりますが、これが幸せなのです。

 猫たちは私の仕事場「ひだまり」に住んでいて、ご利用者さんに毎日可愛がっていただいています。
 一番年上の「でっきー(現在11歳ぐらい)」は平成10年の暮れ怪我をして私のところに来たノラちゃんでした。わたしは一目惚れ。こんな魅力的な猫に出会ったのは初めてでした。カフェオレ色の大きな身体、やさしい顔、頭の良さそうな目・・・。ご飯を食べさせ怪我の治療をしているうちに居着きました。そしてある日、子猫を連れてきました。黒白のやせこけた子です。これが今は、体重が10キロ近くある「まるめ」との出会いでした。こうして、この二匹は「ひだまりの子」になりました。二匹はひだまりの前を通る子供さんたちや地域の方々に可愛がっていただき、そのころまだ何者なのか?と思われていたひだまりの看板息子役を果たしてくれました。

 それから五年経った昨年夏、「みちお」が来ました。阪神大震災のとき厳しい状況にいた犬や猫たちを助けるために出来た「動物レスキュー神戸」という団体があります。私はこの団体を応援してきました。その会報に工事現場でレスキューした子猫の話題が載りました。その次の会報には「本気で里親探し」とその子猫のことが出ていました。貰い手がないというのです。せっかく命拾いした子なのに・・・と思うといてもたってもいられず、「私が(ひだまりが)里親になりたい」と連絡しました。何回も連絡を取り合い調整し8月4日に「みちお」はやさしいボランティアさんに大切に抱えられ、神戸から新幹線でやってきました。たくさんのご利用者さんに臆する事もなくその日から「ひだまりの子」になりました。そのときのボランティアさんがひだまりの様子を伝えてくださったことで、レスキューに里親として信頼していただけたようです。

 それから二ヵ月後レスキューから電話が入りました。中国人の女性が飼っていた兄弟猫。飼い主さんが帰国されるために引き取り手を探しているとのこと。2,3ヶ月の子猫は人気があるが、6ヶ月になると人気がなくなること、兄弟を引き離さず二匹一緒に引き取れる人がいないこと・・・という事情で、私に里親を頼みたいということでした。猫たちの世話は私だけでなく、スタッフがみんな係わってくれるので勝手に決めることは出来ません。そこで「二匹ふえてもいいだろうか」と相談しました。スタッフは「ハナさん(私のこと)、もう決めてるんでしょ?」と苦笑い。これで、決まり!11月14日、再び神戸から新幹線で今度は二匹の猫がご利用者さんの待つひだまりにやって来ました。オスが「トントン(童童)」メスが「ミーミー(美美)」、中国の方が飼い主だった事がわかるような名前です。到着するとすぐ、ミーミーは遊び始めオテンバぶりを発揮していましたが、トントンはビクビク隠れてばかりでした。でも、翌日はすっかり馴れて部屋中を走り回り、利用者さん方の笑顔をさそっていました。

f0080623_14341878.jpg

 月齢の近い「みちお」はとても喜んで三匹は転がりまわって遊んでいます。「でっきー」はお父さんの風格で、いつも細かくほかの4匹を気遣ってくれます。「まるめ」はオチビさんたちが少々うるさいらしく「うーーうーー」「フウーフウー」とけん制していますが、なんとか折り合いをつけてくれているようです。

 五匹のうち、野良猫生活が長かった「でっきー」だけは外に遊びに行きます。お家の中まで入れてくださるご近所さんもいらっしゃいます。首輪にはちゃんと名前や連絡先が書いてありますが、ご迷惑をかけていることも多々あると思います。この場をお借りしてお詫び申し上げます。「まるめ」は時々脱走してしまうのですが、紐をつけてしか外には出しません。ほかの子達はレスキューとの約束もあって完全室内飼いです。子猫のときから家の中だけで過ごさせれば外に出さなくてもストレスにはならないそうです。むしろ、伝染病にかからないし、交通事故に遭うこともないのでかえって猫にとってはよいそうです。これから猫を飼われる方もぜひそうなさって下さい。
一匹の犬と五匹の猫。私の宝物たちをご紹介しました。

(ひだまり日記 2004年元旦号掲載分)
by hidamari-blog | 2004-01-01 14:29 | 動物
<< 1月号:薬の管理って大切 11月号:良い施設の選び方…? >>



ほっとひといき、ついてください
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31